KID's Station Club(KSC)キッズステーションクラブ/毎年夏に長野県南箕輪村で行われる「子ども地球サミット」に出演する「歌って・踊って・演技する」エンターテイメント性溢れるアーティストを育てる教室/KSC塾(受験生募集)/ギター&作詞教室/アルトサックス教室/特別講師:但馬久美(元宝塚歌劇団)ITOSAN(脚本・演出家)/プロデュース:沢由紀(トリニティ代表取締役)

キッズステーションクラブlogo.png
<エンターテイメント性溢れるアーティスト集団>


KSC(=キッズ ステーション クラブ)は、国際交流イベント「KSC Music Fes(旧子ども地球サミット)に出演し、世界に通用するアーティストを育てる為に設立されました。シンガポールを始め、国内外で様々なプロモーション活動を展開しています。運営するのは「KSC Music Fes」をプロデュースする株式会社トリニティです。

インストラクター紹介

360°スリーシックスティ(英語歌レッスン)

360°.png
友と直によるシンガーソングライター兄弟ユニット。2007年にバンドを結成。ウエディングレセプション、レストラン、ライブハウスなどで演奏活動を始める。日本人でありながら英語を第一言語として育った二人は、そのワールドワイドな感性で音楽を創造する。ポップ、R&B、バラードなど、様々なジャンルで若者の心を魅了する。2010年、人気歌手中村あゆみとラジオ番組「FM NACK5」に出演し、その後ジョイントコンサートを行う。
2012年、待望のデビューシングル「消えないで」をリリース。
2013年、2月に「子ども地球サミット」と運命的な出会いする。そして「子ども地球サミット」のビジョンに共感し、世界中で開催する「Songs Concert」で、中心的な役割を担うアーティストとして活動の場を広げる。

yumizo(ダンスレッスン)

clip_image002.jpg
TRFライブツアーダンサー/ピチカートファイブコンサートツアー、PV振付けアシスタント/ソニンPV出演/忌野清志郎野外ライブ出演/DJ OZMAとTV出演/野猿振付けアシスタント/NHK紅白歌合戦出演/TBS日本レコード大賞出演/その他多数

白鳥康成(リズムパフォーマンスレッスン)

IMG_3502.jpg
YAMAHA PMS DRUMS科 講師
1972年長野県岡谷市生まれ。
22歳よりドラムスを始める。
26歳の時、メジャーレーベルよりCDを発売し、その後FMラジオのパーソナリティを2年間務める。
ロック、ラテン、ポップス等数々のセッションに参加する傍ら、ドラムス・インストラクターとして10年に渡る経歴を持つ。

清沢由美(ボイス&ボーカルレッスン)

P1010720.JPG
上京して発声を学び、以後、尾崎亜美、マリーン等のシンガーのバックコーラスとしてツアーを経験。
長野県へ帰省後、ヤマハミュージックスクールで講師として後進の指導に当たる。
現在、自らもジャズシンガーとして様々なシーンで活躍。

林努武(ギター講師)

hayashi.JPG
YAMAHA PMS ギター科 講師
高校卒業後、東京コミュニケーションアート専門学校(現 東京スクールオブミュージック)でギターを学んだ後、渡米。ロサンゼルスのミュージシャンズ・インスティテュートに留学する。
帰国後、自己のバンドやセッションなど演奏活動をする他、インストラクターとして後進の指導にあたっている。

林美和(アルトサックス講師)

20100801-0671-L.jpg
YAMAHA PMS アルトサックス科 講師
13歳よりサクソフォンを始める。昭和音楽大学を卒業。第13回日本クラシック音楽コンクールに入選。八十二銀行ロビーコンサートや東京ムジカーザにてソロリサイタルなど演奏活動の他、後進の指導にも当たっている。


特別講師紹介

ITOSANプロフィール

P1070393.JPG
脚本・演出家/京都教育大学中退
大学時代からラジオ関西「アマチュアNIGHT」でメインパーソナリティを務める。その後、ヤマハ株式会社音楽企画制作室の契約プロデューサーとなり、西本願寺世界文化遺産登録記念コンサートや様々なアーティストの脚本・演出を手掛ける。現在は雪村いづみさんや元宝塚歌劇団の但馬久美さん等々のアーティストの他、「子ども地球サミット」の脚本・演出を手掛けている。

但馬久美プロフィール

IMG_3856.JPG
元宝塚歌劇団/元参議院議員/子ども地球サミット応援団長
昭和39年初舞台。宝塚きっての名ダンサーとして知られ「ベルサイユのばら」のアンドレ役、「風と共に去りぬ」のアシュレ役を務めるなど宝塚歌劇の黄金時代を築く。
海外公演(シンガポール・旧ソ連、パリ、ハワイ等)に中心的存在として参加。NHKテレビドラマやダンスのリサイタル等外部出演も多数参加。星組副組長、花組組長を歴任し、昭和63年、星組公演トルストイ原作「戦争と平和」のナポレオン役を最後に退団。
退団後は平成7年、阪神淡路大震災の年、参議院比例区(新進党)初当選。
平成10年「被災者生活再建支援法」を発議者の一人として成立させる。
平成11年、宝塚歌劇団の中国(北京・上海)公演に尽力し、日中文化交流の橋渡しを実現する。
平成13年「芸術文化振興基本法」を提案し、国会に提出し成立。
平成14年、韓国国立総合芸術大学にて「宝塚の歴史と日本文化」について講演する。
現在は国内外の文化交流の促進に力を注ぎ、トークショーや講演活動も行いフリーで活躍。
平成20年から行われた「子ども地球サミット」には初回から毎年参加出演し、その開催地である長野県南箕輪村のふるさと大使に任命される。関西学院大学非常勤講師。